杉本塗装工業ってどんな会社?

特徴@ 職人は全員が正社員


下の写真は会社の前で撮った弊社の職人たちです。

全員は写っていませんが、現在は22人のスタッフが現場で頑張ってくれています。

 会社前集合.JPG 

杉本塗装工業の方針として

どんなに仕事が立て込んでも外注(下請に発注する事)はしないで自社で納めていく・・・・

それを理想としてやってきた結果、気が付けば結構な大所帯になっていました。良いか悪いかは別として、これだけの人数を職人として雇用している塗装・防水屋さんはなかなか無いと思います。

 

 特徴A 社員教育


 上の写真をご覧になってお分かりになると思いますが、弊社の職人さんたちは比較的若く、平均年齢は30才くらいです。

その若い職人の子達のうち、7人が会社に併設している社員寮で生活しています。

これも、社長の方針の一つですが、仕事が出来る出来ないの前に、まずは人とのコミュニケーションが、

ちゃんと出来る人間になる事、これが第一ということで、その7人の子達は社員寮で結構厳しい規律の中で生活をしています。

ちょっとした丁稚奉公(でっちぼうこう)みたいな感じでしょうか。

しかし、そんな寮生活のなかで、コミュニケーション能力を身に付け、現場では先輩達から仕事を学び、数年後、寮を出るころには、グループリーダー(職長)を任せられる立派な職人さんになっています。

 

特徴B 作業足場も自社施工


 会社から歩いて2、3分のところに「ヤード」と呼んでいる足場資材の置場があり、戸建で15棟分くらいの足場材が置いてあります。

15棟分と言っても、ちょっとした規模の集合住宅に足場を組んでしまうと、すぐに資材置場が空になってしまいます。その為、少しずず足場資材を買い足している状況です。

現在は4名の足場組立専門のスタッフ(俗に言う鳶さんです)が弊社に在籍しており、現場の下見、足場の組立、解体と、毎日あちこち飛び回っています。

資材置場.PNG

 

▲このページのトップに戻る