賃貸アパート・マンション・テナントビルのオーナー様へ 

少子化が進む中で、建物を維持管理しながら、空室がないように賃貸経営をしていく事はとても大変だと思います。

  • 建物の維持費
  • 設備関係のメンテナンス
  • お部屋の間取りを2DKから1LDKに変えたり
  • 最近ではインターネット環境を整える事が必要不可欠だとか

大屋さんイラスト.PNG

そんな中で、屋根や外壁を全て塗り直すというのは、またまた大変な事だと思います。

かと言って、入居率を上げる為には外観の第一印象というものは大事な事の一つです。

そこで、予算をおさえて建物の印象をよくする方法の一つとして、部分的な塗り替え工事をお薦めします。

例えば・・・ 

  • 1階の建物入口まわりだけ塗り替える。
  • 共用廊下の壁・天井だけ塗り替える。(入口から部屋に行くまでにの廊下をきれいにする)
  • 共用廊下の床だけ塗り替える。(ひび割れの目立つモルタルの床に色を付けてみる)

これらの工事は足場を使わない部分工事なので、予算を抑えられますし、

工事中、居住者の方への負担もほとんどありません。

また、テナントビルであれば、正面の目立つ部分だけ、または1階周りだけ塗り替える、という方法もあります。

いずれにしても、私達杉本塗装工業は、非常に多くの集合住宅やテナントビルの外装工事を手がけてきたという自負がございます。

皆様が所有されている建物の形状、またはご予算に応じた最良の工事をご提案させて頂きます。

▲このページのトップに戻る